男性のお悩み解決

日本人の薄毛率から見る若ハゲ人口の増加

最近、薄毛や抜け毛に悩む若者、いわゆる若ハゲが増加傾向にあります。若ハゲとは10代から20代にかけて発症する脱毛症のことであり、正式には若年性脱毛症と呼びます。

かつては、10代から20代というまだ若い年齢のうちに脱毛症に悩む人は少なかったのですが、近年それが増加したことによって若年性脱毛症という用語が誕生し、”若ハゲ”という言葉がよく使われるようになりました。

アデランスの調査によると、薄毛に悩む日本人は26.78%いると言われており、日本人のおよそ5人に1人が薄毛に悩んでいるということになります。このうち10代〜20代の人口が全体の20%と考えても、およそ17人に1人が若ハゲに悩んでいるということになります。

少子化問題により若者の人口が減少しているということもあり、全体的に薄毛人口に大きな変化はないと言われていますが、若ハゲという言葉をよく聞くようになったということは、それだけ薄毛や抜け毛に悩む若ハゲの割合が増えているのではないでしょうか。

環境や時代の変化など、様々な原因により若ハゲが増えたと言われていますが、今後も若ハゲの人口は増え続けていくと思われます。若ハゲを改善したいのであれば、食生活や生活習慣などを見直して早期に対策を行うことが大切です。