男性のお悩み解決

EDと飲酒の関係

お酒が大好きで、ついつい飲み過ぎてしまう…という人は多いかと思います。飲酒時に限って肝心なところで勃たなくなる、なんて事態に遭遇したことある人も少なからずいると思います。

そして、そんな事態を繰り返していくうちにさして飲酒をしていない日でさえも、勃たなくなることが増えた、ほぼほぼ勃たなくなってしまった、なんてことはないでしょうか。

一体、なぜこんなことが起きてしまうのかというと、飲酒は脳の機能を鈍らせてしまい、しばしばEDの症状を引き起こしてしまいます。その上、加齢であったり、睡眠不足などで体調が万全でなかったり、ストレスなどの心因的な要因が積み重なっていくと、飲酒をしていなくとも日常的にEDになってしまう場合があります。

飲酒がEDを引き起こす直接の原因というわけではありませんが、何事もほどほどに心身のバランスを保って行かないと、思わぬところでEDと向き合わなくてはならなくなってしまいます。

では、実際にEDになってしまった場合どうすれば良いのか。どう対処し、どう向き合って行けば良いのか。というのは、EDになるのが初めてという人にとって何より大きな疑問となるかと思います。

その最短の治療は、「精力剤」を服用すること。この1つに尽きます。自分がEDになることはないだろう…大半の人がそう思いがちです。EDというのは決して他人事ではないのが怖いところでもあります。今は大丈夫とたかをくくるのではなく、知識として知っておいて損することは一つもありません。精力剤はEDに悩んでいる人の強い味方です。自信が無くなってきたと思う方は是非お試し下さい。